腰痛を根本的に改善すための情報を紹介します!

腰痛改善徹底ガイド

知識

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の違いを理解する

更新日:

原因が明確な特異性腰痛の中で多い腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症は腰椎にある神経を圧迫することが原因でおこる腰痛です。

しかし神経を圧迫する様子は全く違い、姿勢や動作による痛み方も全く逆です。

腰痛を改善するには自分の腰痛の原因を正しく知ることが大切です。
自身の腰痛が腰椎椎間板ヘルニアなのか腰部脊柱管狭窄症なのかを判断する方法を紹介します。

特異的腰痛と非特異的腰痛

特異的腰痛とは原因が明確な腰痛で非特異的腰痛は原因が明確ではない腰痛のことを言います。

特異的腰痛と非特異的腰痛の割合は約15%対85%で圧倒的に非特異的腰痛の割合が高くなっています。
特異的腰痛の中で多いのが腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症です。

その他として高齢になるにしてがって増えるのが圧迫骨折で、高齢者の方は骨粗しょう症になりやすく、骨が弱くなることで圧迫骨折をおこし腰痛になります。
また、尿路結石解離性大動脈瘤のような内臓疾患が原因で腰痛になることもあります。

重篤な疾患の可能性がある腰痛としてガンが移転することで起こる腰痛や細菌が背骨に感染することでおきる感染性脊椎炎などがあり腰痛全体の約1%を占めています。

特異的腰痛に多く見られる主な原因

特異的腰痛に多く見られる疾患は腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症です。
腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症について特徴や判断方法を紹介します。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板が何らかの理由でとびだして神経を刺激することでおきる病気です。

椎間板は腰椎だけではなくすべての脊柱の間にあるので腰部が痛むときは「腰椎」椎間板ヘルニアと呼ばれていて、同じように首に痛みを感じるときは「頚椎」椎間板ヘルニアと呼ばれます。

腰椎椎間板ヘルニアは年齢的には若年層から中年層に多く見られる腰痛で、腰が痛み脚にしびれを感じることがあり、しびれは片方だけにみられることが多くまれに両方の脚が痺れることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアは前かがみになると痛みを感じます。
それは腰椎の背中側に椎間板が飛び出すので前かがみの姿勢になると神経を圧迫し痛みが出るからです。

腰椎椎間板ヘルニアを判断する方法

腰椎椎間板ヘルニアを判断する方法に下肢伸展挙上テストがあります。
下肢伸展挙上テストの方法は椅子に浅く腰掛け、痛みがある脚を伸ばした状態で上に挙げていったときに痛みがでれば腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。

腰椎椎間板症と腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアと似た症状の腰椎椎間板症は腰椎にある椎間板が損傷することでおこる腰痛です。
椎間板は中央部にある柔らかいゼラチン状の髄核というものを軟骨である線維輪が包み込むような構造になっています。

椎間板の髄核が押しつぶされ線維輪が損傷すると痛みを感じようになり、椎間板が損傷した状態が続くと椎間板が変形して飛び出すと椎間板ヘルニアになります。

椎間板が飛び出す前のつぶれて損傷した状態が腰椎椎間板症です。
椎間板の損傷はレントゲンなどの画像診断では分からないことがほとんどなので、腰椎椎間板症は症状から判断されることが多く原因が明確でない非特異的腰痛に区分されます。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症腰椎が加齢により変形して神経を圧迫することでおこります。

腰椎が変形することで神経を囲んでいる空間である脊柱管が狭くなり中に納まっている神経を圧迫して腰痛になります。

腰部脊柱管狭窄症は年齢的には高齢者の方に多く見られる腰痛です。
加齢により骨密度が下がり骨が変形しやすくなり、また無理な姿勢が続いたり重いものを持ち上げるような動作を続けることで徐々に骨が変形して脊柱管を狭くしてしまいます。

腰部脊柱管狭窄症は背すじが伸びた姿勢や立ちっぱなしの状態の時に痛みを感じます。
少し腰を曲げた前かがみの姿勢や椅子に腰かけていると痛みは和らぎ、腰を反らせた状態が一番神経を圧迫し痛みが激しくなります。

腰部脊柱管狭窄症を判断する方法

腰部脊柱管狭窄症を判断する方法として間欠跛行があります。
間欠跛行は歩行中に症状がでて歩けなくなったときに前かがみの姿勢で少し休むとまた歩けるようになります。
腰痛で間欠跛行であれば腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

分離性脊椎すべり症と変性脊椎すべり症

腰部脊柱管狭窄症のように腰椎が変形しておこる症状にすべり症があります。
すべり症には分離性脊椎すべり症変性脊椎すべり症がありどちらも脊柱管狭窄の症状がでる疾患です。
分離性脊柱すべり症は椎骨の一部が疲労骨折などで分離して椎骨がずれることでおこり、一部の椎骨がずれるのでその部分の脊柱管が狭くなり神経を圧迫します。

変性脊椎すべり症は分離性脊椎すべり症のようは椎骨の分離ではなく加齢による椎骨の変形がもとで椎骨がずれることでおこります。

分離性脊椎すべり症は若年層に多く見られ激しいスポーツなどによる過労骨折が主な原因で、変性脊椎すべり症は高齢者に多く加齢による骨密度の低下や長年の姿勢により発症します。

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症

同じ腰痛でもどのような動作で痛みが出るかで原因が分かります。
腰椎椎間板ヘルニアは前かがみになると痛みがでます。
逆に腰部脊柱管狭窄症は腰を反らすことで痛みがでます。

腰痛の改善には自身の腰痛の原因は何かを知っておくとずいぶん違ってきます。
前かがみが痛い腰椎椎間板ヘルニアと反らすと痛い腰部脊柱管狭窄症と覚えておくと改善のヒントになります。
腰椎椎間板ヘルニア

  • 原因:椎間板がとびだして神経を圧迫
  • 痛む動作:前かがみになると痛む
  • 判断方法:下肢伸展挙上テスト
腰部脊柱管狭窄症

  • 原因:脊柱管が狭くなり神経を圧迫
  • 痛む動作:反らすと痛む
  • 判断方法:間欠跛行







-知識

Copyright© 腰痛改善徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.