腰痛を根本的に改善すための情報を紹介します!

腰痛改善徹底ガイド

運動

ゴルフで腰痛にならないための予防法

更新日:

ゴルフのスイングは激しい動きで腰痛を引き起こす恐れがあります。

プレーの前のストレッチや日頃のトレーニングを行うことで筋力をつけて腰への負担を軽くして腰痛を予防します。

ゴルフで腰痛になる原因に準備運動をしっかりとやらないことがあげられます。
練習場やラウンドで準備運動もなしにいきなりフルスイングしている人を見かけますが、そのような行為が腰へ負担をかけ腰痛を発症させています。

腰をまもり負担をへらしてケガを予防するには腰用のサポーターが有効です。

ゴルフで腰痛になる原因

ゴルフによる腰痛は腰の筋肉痛が原因です。
ゴルフのスイングは腰への負担がとても大きな運動です。

腰への負担が大きいゴルフのスイング

ゴルフのスイングはまず、アドレスで上体を前に倒し肩幅程度に開いた両足に力を入れて固定します。
バックスイングでは頭の位置を固定してゆっくりと腰を捻りながら腕を上に上げていきます。
最高に腰をねじった状態のトップから腰のリードでねじりを戻していき腕を鞭のようにしならせながらダウンスイングしていきインパクトした後のフォロースイングで腰を反らした状態のフィニッシュを作ります。

このようにゴルフのスイングは腰への負担が大変大きなものです。
ティーショットではなるべく飛距離をかせぎたいといった気持になり、どうしても力が入ってしまい腰の筋肉を傷めてしまいます。

運動する習慣をつけることが大切

普段、あまり運動をしない人のゴルフの練習パターンは、ゴルフの日程が決まると途端に練習場に通って打ちっぱなしで何十球も打つような練習法です。
このような突然の運動が腰に負担をかけ筋肉痛を起こし腰痛になる理由です。

日頃から腰回りのストレッチや筋トレでゴルフでの腰への負担を軽くしておきます。
筋力がつくことでゴルフのスコアもよくなり腰痛の予防にもなります。

ゴルフ前に行うストレッチで腰痛を予防する

ゴルフによる腰痛は筋・筋膜性腰痛症です。
筋・筋膜性腰痛症は腰の筋肉がオーバーワークになることでなる腰痛で、予防するには筋力の強化とストレッチによる柔軟性を保つことです。

ゴルフ場は郊外にあることが多く、車を長時間運転しているので身体の筋肉は固まってしまいます。
ゴルフ場についたらストレッチを行うことを習慣づけると良いでしょう。

ゴルフのプレー前や練習前に行うストレッチの参考動画

横田英治「朝イチのゴルフストレッチ」

ラウンドや練習の前にはストレッチを習慣づけます。

腰痛に効くゴルフの時のサポーター

ゴルフの時の腰痛予防に腰用のサポーターをつけることは有効です。
腰の負担を軽くして無理な動きを制御してくれます。

ゴルフの時に使うと有効なサポーターは背部を広範囲にサポートし、ズレないように固定力のあるもので通気性の良いメッシュ素材を使用した腰椎を支えるバックプレートが付いているものがおすすめです。

腰痛に効くゴルフの時のサポーター

  • 背部を広範囲にサポート
  • 強力な固定力
  • 通気性の良いメッシュ素材を使用
  • 腰椎を支えるバックプレート付

腰用サポーターの詳しい情報はこちら>>
先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】







-運動

Copyright© 腰痛改善徹底ガイド , 2018 All Rights Reserved.