腰痛を根本的に改善すための情報を紹介します!

腰痛改善徹底ガイド

グッズ 運動

腰痛を改善させるバランスボールの効果的な使い方

更新日:

「トレーニングしたいけど時間が取れない・・・」と思っているならバランスボールを試してみてはいかがでしょうか。

バランスボールは身体のゆがみを解消したり、インナーマッスルを鍛えて脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

腰痛を改善したくても日常の生活が忙しすぎてトレーニングできない人に、効果的なバランスバールの使い方と注意する点を紹介します。

バランスボールの効果

バランスボールを使うと普通に椅子に座るときとは違いバランスを取りながら座るのでいろいろな筋肉を使います。

バランスボールを使うことで、普段使わないような筋肉が鍛えられるため、得られる効果は骨格のゆがみ解消、脂肪燃焼によるダイエット効果、姿勢の矯正による腰痛の改善があげられます。

骨格のゆがみを解消する

私たちの身体は左右どちらかに偏りがちで、それは利き腕や利き足の方に筋肉がついていたり、仕事の関係で片方だけをよく使うために身体のバランスが悪くなっているからです。

身体のバランスが悪くなったままですと姿勢が悪くなり、悪い姿勢は腰痛の原因になります。

そのような身体のゆがみを不安定なバランスボールに座ることで左右同じように筋力を使ってバランスをとることで、身体のゆがみを整える効果があります。

ダイエット・脂肪燃焼効果

バランスボールを使用すると普段使わない筋肉を使いことに加えて、バランスボールに座るだけでも常にいろいろな筋肉を使ってバランスをとっているので普段の生活よりエネルギーを消費しています。

エネルギーの消費が増えると脂肪燃焼効率が上がりダイエットに効果的です。

バランスをとるために使う筋肉はインナーマッスルと言われる普段は意識しない体幹を支える筋肉で、筋トレなどでも鍛えるのが難しい筋肉です。
インナーマッスルの筋肉量が増えると運動をしなくてもエネルギーの消費量が増え、基礎代謝量が上がります。

バランスボールを使用すればインナーマッスルが鍛えられ内臓脂肪の燃焼に効果があります。

姿勢の矯正で腰痛の軽減

腰痛は姿勢の悪い座り方が原因になりますが、不安定なバランスボールに座ると自然と背中がまっすぐに伸び胸を張った姿勢になるため、姿勢の矯正に有効です。

普段の椅子に座る姿勢では骨盤を立てることは難しいのですが、骨盤を立てなければうまくバランスを取ることができず、適度に柔らかいバランスボールでは骨盤を立てた状態でも無理なく座ることができます。

バランスボールを使用すればゆがみが解消されて体幹の筋力が上がり座るときの姿勢を矯正するので腰痛の改善には適しています。

バランスボールを椅子代わりに使うときの注意すること

バランスボールは日常的に使うことができるため効率的です。

一番の魅力は座るだけで腰痛の改善になる点なのですが、バランスボールを正しく使わないと腰痛に効果がないだけではなくケガをしてしまうような危険な状況にもなります。

バランスボールを椅子代わりに使うときの注意点を紹介します。

体格に合わせたサイズを選ぶ

バランスボールは体格に合わせたものを使い、サイズ選びには身長を基準にして選びます。

バランスボールのサイズは45cm、55cm、65cm、75cmの4種類が通常のサイズであるので、身長の目安として45cmは身長150cm以下、55cmは身長150~165cm、65cmは身長165~185cm、75cmでは185cm以上が選ぶ基準になります。

身長 バランスボールのサイズ
150cm以下 45cm
150~165cm 55cm
165~185cm 65cm
185cm以上 75cm

バランスボールに座った状態で腰が90度ひざが90度になるのが最も適したサイズになります。

転倒に注意する

バランスボールは不安定な状態でバランスを取りながら使用することで効果があるので、何も意識せず使用してしまうとバランスを崩し転倒する危険があります。

転倒を防止するために身体に合ったサイズのバランスボールを選ぶことが大切で、大きすぎると転倒しやすくなります。

また、初心者の方は空気を少し抜いた状態で使うことをおすすめします。
空気がパンパンに入っていると転がりやすくなり安定しずらくなり、空気を抜くことで床との接地面が増え多少バランスを崩しても転がりにくくなります。
空気を少し抜いたことで深く沈むので足をしっかり踏ん張ることができます。

周りに危険のない状況を作る

バランスボールを椅子の代わりに使用する状況というのは例えばリビングでテレビを見ながらであったり、机に向かって作業している時のワーキングチェアの代わりだったりします。

慣れてきたとしても不意にバランスを崩してしまうこともあるので、バランスボールを使用する時は近くには危険のない状況で使うようにします。
特にストーブなどの火がある場所では使わないようにしましょう。

バランスボールの効果的な使い方

バランスボールの効果的な使い方は日常の生活に取り入れることです。

椅子やソファー代わりに使うことでトレーニングする時間が取れない人でも腰痛を改善する筋力の強化や姿勢の矯正を行え、トレーニング方法を覚えることなくただ座るだけなので今からでも始めることができます。

すぐにでも簡単に始められるバランスボールですが、身体が慣れれしまうと効果が薄れてきます。

そういったときにはバランスボールを使ったエクササイズがあるのでそれらを活用して腰痛の改善に使用します。







-グッズ, 運動

Copyright© 腰痛改善徹底ガイド , 2019 All Rights Reserved.